2015年9月21日 (月)

2.43清陰高校男子バレー部

壁井ユカコさんの青春バレー小説(全3巻)です。

偶然本屋で平積みしてあって、ジャケ買いしました。“ハイキュー”が好きなら買って損なし。チームの中の何人かが代わる代わる主人公になる短編集的な構成です。

多分に漏れずに、セッターとアタッカーのコンビが気になって(笑)。セッターの灰島クンが眼鏡で頭脳派プレー…までは好みなんですが、人付き合いが苦手で空気読めなくて、つい正直な歯に衣着せぬ物言いでトラブルメーカーなところは想定外。
相方の黒羽の方が地主の坊のクセに小心者でプレッシャーのかかる試合ごとに逃げ出して台無しにしてしまうとか…アリエナイ展開で(笑)。その割には灰島のフォロー役してるとか、いろいろ想定外な設定に結構惹かれていますsweat02

しかし、小説で試合描写とか。フツー分かるんかなぁ?ジャンプのスポーツジャンルほどではないにしろ、試合有りきのスポーツなんですが、バレーの試合って立ち位置変わるし誰がどの位置にいてボール拾って繋いだのは誰って、文章で分かるものなの?
バレールールは副審出来るほどには解ってるから、試合シーン、何となくわかるけど。フツーは分かりにくいような?

しかし。
それを、退いても清陰男バレのメンツは個性派ぞろいで魅力的なキャラなんですねぇ。3年の小田・青木ペアなんて、実に好みですよ。状況的には、「ハイキュー」の3年生トリオと似てて弱いチームを一生懸命引っ張ってきて、天才肌の1年が入ってきてメンツがそろって快進撃っていう状況を引っ張っていく上級生なんですよ。でも、体育会系で情熱的な小田に対して、青木が生徒会も兼任してるクレバーな秀才っていうのがツボ(笑)。本のカバーイラストも青木が一番違和感なかった。あと、灰島も違和感なかったなー。
小田は「黒バス」の海常の笠松イメージかも?バレー選手にしては小柄。凛々しい精悍な柴犬イメージらしい?んですが、カバーイラストはちょっと違うんだよねー。

常勝「福蜂工業」の三村統の絵はこのタイプも有りか…と思ったものの男マネの越智はもうちょっと優等生タイプにして欲しかった感じです。

小説ですが、もう少しシリーズ化して続くのかな。3巻まで来て、未だ地方大会決勝で全国出場が決まっただけだし。3年引退かー…と思ったら「U-20」とかの話題出てくるし!?小田と三村は大学でもばりばりバレーやる気ですが、青木は高校までの部活だってゆってるんですがsweat01偏差値高い大学行きそうな青木なんで、バレー続けんの無理かな。

作者、取材で訊いたのが北野のバレーOBらしいんですが、男バレなら北野より大塚だと思うんだけど。舞台が地方じゃなきゃいけないのは、何故に?福井ってバレー強くないイメージですけども。

| | コメント (0)
|

2013年3月22日 (金)

坂木司に度はまり中

最初は、どこの本屋でも平積みになってた「和菓子のアン」。

表紙の梅の焼き印が可愛い饅頭が気になってて。
つい買って読んだら、面白かった…ンだよね。もし、実写化されるなら主人公の梅本京子ちゃんは柳原加奈子、だと思ったけど。彼女、もう27歳なんだね~sweat0218歳の高校出たばっかの役柄はきついかな。でも全然そう見えない。可愛いよね彼女heart04おサレだしheart04

「切れない糸」
こっちの方が刊行は先。クリーニング屋を突如次ぐ羽目になった大学卒業間近の新井和也が主人公。友人の沢田クンとか、アイロン職人のシゲさんがイイなぁ。
「和菓子…」がデパ地下、「切れない…」が商店街が舞台の日常ミステリ。人死にの出ない日常ほのぼのストーリーなのがイイです。安楽椅子探偵風味で。

…というわけで。現在、近所の図書館で「青空の卵」「子羊の巣」「動物園の鳥」という“名探偵はひきこもり”という副題の三部作を読んでいます。こっちの方がデビュー作っぽく、ミステリっぽいです。でも明確な犯罪は出てこない。でもそこが良い。

| | コメント (0)
|

2013年2月18日 (月)

思い出のとき修理します

ビブリア古書店、タレーラン珈琲店ときて似た感じの装丁、表紙イラストで二番煎じならぬ三番煎じで読むのは躊躇った。でもつい手にとって読んでしまったのはいつまでも平積みされてるから。

作者はもともとコバルト小説の人なので、思いっきり少女マンガ。でもって大団円で終わるハッピーエンド。シャッター街な古い商店街が舞台なのも、短編連作集なのも、先述のそこそこ売れてる本と同列。もっと違う路線はなかったんかと思うくらい。一度売れると同じ路線で来るのはなぜ?2匹目のどじょうを狙い過ぎsweat02

さらさらっと読めてしまう。やっぱり中高生向きかな?
もっと突っ込んでほしいところとか、何か物足りない気がするのが惜しいところです。

| | コメント (0)
|

2012年5月28日 (月)

読書感想文

「妖怪アパートの幽雅な日常」
コミック化された表紙でジャケ買い(笑)。このタイトルでいわゆる小学生向けの学校の怪談とか妖怪レストランとか、あーゆー類の本かと思ってたんだよね。軽ーく読む分には面白い。多分クランプとか、あのノリ。同人誌っぽいのは作者が同人で漫画描いてるから。
同じノリの江戸ものがあるんだけど、“なんちゃって江戸”でも「アッパーカット」とかカタカナ使っちゃイカンだろう、台詞で。

「黒子のバスケ」
ジャンプ買ってたこともあるのに結構スルーしてた。アニメが面白かったので惜しいことしたかな?と思いつつ、貸本屋で借りてきて読む。黒子くんと火神のコンビがメジャーの満田サンの「健太やります」の主人公コンビに見える。まぁ黒子くんの方が初めッからハイレベルな技術持ってる訳なんですが。
でもって、1年生よりも2年とか他チームでもキャプテンとかが良いなぁと思う辺り、どうなの自分?

「刑事の子」
宮部みゆきのデビュー当時の焼き直し作品。案外彼女の作品は読んでいない。時代物が多いからでしょうね。
これはさらっと読めて、面白かった。主人公の中学生、順と家政婦のハナさんのやりとりが好き。順が利発な子なのでなおさらでしょうね(笑)。

| | コメント (0)
|

2012年2月26日 (日)

祝もものき事務所

オーラバの隣に平積みされてたのでつい表紙買いしてしまいました。茅田砂胡さんの本も一度読んでみたかったし。けど今まではファンタジーものばかりだったので手を出し難かったのねsweat02(ファンタジーは割合苦手です)それが現代物だし…、“なんちゃってミステリー!?”と帯についてるのも軽くてイイかな~…と。

書評は散々でした。茅田さんファンにはこれが実力だと思われたくないような感じ(笑)?

いや、まぁ、気持ちは分かる。表紙に出てきた所長・百之喜がほんとーに使えない男だし影が薄すぎるsweat02もぅちょっと…こう…活躍しても良いんじゃないのか?どう見ても脇役のがキャラ立ってるよね?表紙とか口絵とか百之喜所長がピンで描かれる意味が全然ナイ様に感じるのは…気のせいじゃない、よねsweat01
雉名弁護士が麻生みことの「そこなん」の東海林弁護士に見えてしまうんだけど?眼鏡のクールビューティのクセに、案外情に厚くて苦労性なトコとか(笑)。そして彼が主人公の方がすっきりする気がします。
旧家のどろどろの後継問題とか男尊女卑とか…田舎行ったら今でもあると思うんだけど。女性陣が強かでパワフルなので、ソコがメッチャ面白いと思うんだよねー?

いっそ清々しいほど、百之喜所長がダメすぎて。どっかで活躍すんのかと思ったけど、最後まで良いところナシsweat02凄いわ。
でもって彼が道音痴でどうして迷子になるのか説明がなされるんだけど、イヤ、凄いねsweat02フツー来た道は帰れるんじゃないのか…と思ってるから、驚きです。

| | コメント (2)
|

2012年2月25日 (土)

今更ですが…

若木未生のオーラバがノベルスで新装刊になったので買ってきて読んでいます。先に、何年振りかの続刊も出てて…つい買って読んでいたわけですが。

好きだったよなぁ、オーラバ。一番同人誌で長編描いてたのもこのオーラバだったし。
よく出来たと思うよ、投稿用サイズの原稿用紙で描いてたし、全部ガチで漫画だったしsweat02
挿絵の杜さんの影響がまんま今でも自分の絵の基本かもしれないと思ってるし。

…というわけで。挿絵が東冬さんに変わってるんですが、脳内では未だに杜さんの絵ですよ。希沙良と諒の区別が付きにくい…感じですが(笑)。いやぁ、自分で描く時はちゃんと描き分けを考えてましたよ?でも杜さんの諒だと全然長身に見えなかったなぁ。

続刊の方はイマイチ状況が読めてません。何せ、挿絵が高河ゆんに変わった時点でいったん見捨てて読んでないので。そしてますます里見氏がツライ状況になってるのが切ないですねぇ。最後までは取り敢えず読むんだろうけれど…、救いがある様に祈っております。
アマゾンでは文体が読みにくいと不評ですが…ま、読み手が成長したんだと思いますよ?最初から彼女の文体はこんなもの。中2病風味の中学生向けの少女小説だと思って読めば…ねぇ?
ふふふふ…辛口ですね。

久し振りにドラマCD聴きたくなってきたな。諒ちゃんの声は菊池さんの声が嵌りだと思います。里見氏の声も。

| | コメント (0)
|

2011年5月16日 (月)

ミスキャスト

「プリンセス・トヨトミ」万城目学
関西三都シリーズ・大阪編ですね。「ホルモー(京都)」「鹿男(奈良)」に続いて映像化。気になってたものの、文庫化したし読んでみた。
うーん…、何故、会計監査院の2人の性別を逆にしたかな?コレって結構、重要だと思うんですが?岡田将生は好きだけど、原作はモデルばりの長身スレンダー美人なら道端アンジェリカじゃいけなかったのか!?
結構、映像化に辺り原作と性別を変える場合あるよなー。“ガリレオ”とか“ジェネラルルージュ”とか。でも今作の性別って結構重要な伏線だと思うんですが、どう処理するつもりかなぁ?
そして舞台としては、空堀商店街とか浜寺公園駅とかよく知ってる場所が出てきて愉しい。

続きを読む "ミスキャスト"

| | コメント (0)
|

2010年11月21日 (日)

今日から連休!

今日から待望の3連休だ!いぇいheart04(浮かれてますっっsweat01
何日ぶりの完全オフかはもう振り返らない方向で!本当は4連休だったけど相変わらず昨日は仕事してきたけどっsweat02

一日遅れで小野不由美さんの新装版「ゴーストハント」を買ってきて辛抱溜まらず読む。あちこち描き加えられてるけど、小野さんの悪い面が出たような気がする。
鬱陶しいほど描写がシツコイ。旧版の方はサラッと流していてテンポ良く読めているところを描写を加えすぎてて煩くなってるsweat02同じ事を何度繰り返すんだ…みたいな?
一人称ではない「ホワイトハート版」の“悪夢の棲む夢”が一番怖くて、ラストが切なかったなぁ。アレが一番良かったような気がしますよ?
“ゴーストハント”はホラーミステリーだと思うんですが、2巻は『人形モノ』です。人形ってホラーなんだよ、部外者には怖いものらしい(笑)。

この連休、ドルパの準備を進めたいと思います。取り敢えず、母には13少年用のハンテンを依頼。相変わらず、うちのディスプレイ感覚はズレている(笑)。
でも、某クスのスタッフには受けてるのかな?ドルパ24のエキシビの案内にドルパ23ン時のウチのコ達の画像が使われていますheart04
結構、ウチのコ達って某クスのパンフとかWEBに掲載される率高いですっ。オーナーとしてはメッチャ嬉しいですよheart04

ドルパが終わったら、部屋の片付けが待ってるなぁ。今冬は年末が空いたので、母が手ぐすね引いています。PCの調子もおかしいので買い換えを余儀なくされるかも?そうなったら机も買い換えたいっ。出来れば、学習机!学習机って使い易いんだよ。
…というわけで広告に入っている来春入学予定の小学生向けの机フェアを熱心に物色中。買いに行ったら“子ども”用だと思われかねないなぁ。いや確実に。

| | コメント (0)
|

2010年8月24日 (火)

告白

同僚の机上に置いてある湊かなえ「告白」が気になっていて、つい拝借して読んでみた。

最初、ちょっと立ち読みのつもりがどんどん惹かれて一気読み、読破してしまいました。
映画の予告編で松たか子の「娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」という衝撃の台詞がインパクト強くて。気になるけど、観る気がイマイチ起こらなかった作品でした。

何故か娘がもう少し年上の少女だと思ってたり(実際は幼い幼稚園児)。食わず嫌いの作品だったようです。

小説を手に取ってると同僚がいろいろ情報提供してくれました。ミステリーの犯人や結末を先に知りたい邪道な読者なので(笑)、そういうの大歓迎なんですねー…。

ぼかして書いてるけれど、未成年が犯人の猟奇事件がいくつかモチーフとして入っていて、正直読んでて気分が悪くなるというかsweat02
主人公のひとりである松たか子演じる女教師に喝采(共感ではなく)を送るような気持ちになりつつも後味はワルイ。どの登場人物にも「その気持ちはわからないでもない」と思いつつ絶対に共感したくない…そんな感じ。
松たか子演じる主人公にしても。

にしても、複雑な話でR。告白文だから自分に都合のいいように言ってるだけで真実ではない…嘘を吐いている部分があるだろうと映画監督が寄せ書きでいっていて、余計に混乱。ひゃー…原作読まないで映画観てたらショック受けたろうな。

でも今は映画を観てみたい気がします。

| | コメント (0)
|

2010年8月18日 (水)

人間ドックでした。

Image02804 年に一度の人間ドックだというのに、昨日、ゴジラ達と一緒に「カニ食べ放題」に行ってしまいましたsweat02

後悔先に立たず

今夏最高の値をマークした体重計…sweat01
夏コミで東京行った時に結構アレコレ食べたのも災いしてるかもしれません。
あああ~…、夏コミ直前なら…もっと…こうsweat02
後からするから…後悔sweat01

体重以外は問題ないんだけどね、自分。

そして、検査している間中、別の後悔も。
昨夜「冬コミ」の申し込みを描いていて寝たのは今朝の3時半過ぎ。眠くてなりません。(今朝起きた時、電車乗る予定時刻でビックリしたsweat01何とか3分の遅刻のみで病院にたどり着いた自分sweat01流石だ!)

検査が多いので待ち時間に読もうと持って行った「もしドラ(もしも高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジネント』を読んだら)」が嵌るほど面白く、時々検査で名前を呼ばれるのを聞き逃しましたsweat01いかんだろ、自分。

「もしドラ」、表紙が萌え系の美少女イラストなので手に取り難かったンですが「青春小説」です。甲子園を目指す公立野球部の1年間のお話。
ちょっと漫画的というか1年では無理だろ!的展開もあるんですが、なかなかに面白かったです。スポーツものとしては「おお振り」に近い展開で駆け上る野球部ですから。でもって主人公が女子マネ。
うーん…アニメ化か実写になりそうだなぁ。売れてるらしいし。
しかし、こういうマネジネントをウチの上司にして貰いたいもんだと思った。あ、他人に期待せず自分でやったから凄いんだけどね、この主人公。

| | コメント (0)
|