« エプロン製作 | トップページ | 冬コミのお買いもの »

2013年2月18日 (月)

思い出のとき修理します

ビブリア古書店、タレーラン珈琲店ときて似た感じの装丁、表紙イラストで二番煎じならぬ三番煎じで読むのは躊躇った。でもつい手にとって読んでしまったのはいつまでも平積みされてるから。

作者はもともとコバルト小説の人なので、思いっきり少女マンガ。でもって大団円で終わるハッピーエンド。シャッター街な古い商店街が舞台なのも、短編連作集なのも、先述のそこそこ売れてる本と同列。もっと違う路線はなかったんかと思うくらい。一度売れると同じ路線で来るのはなぜ?2匹目のどじょうを狙い過ぎ

さらさらっと読めてしまう。やっぱり中高生向きかな?
もっと突っ込んでほしいところとか、何か物足りない気がするのが惜しいところです。

|

« エプロン製作 | トップページ | 冬コミのお買いもの »

読書感想文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エプロン製作 | トップページ | 冬コミのお買いもの »