« ランチに出掛ける。 | トップページ | Under the Moon(体験版) »

2009年2月 8日 (日)

Box!

「本屋さんが選ぶ大賞」の今年のノミネート作品です。著者本人の新聞のコラムに載ってて面白そうだと思って読み始めた。本が分厚いのにはちょっとビビッたんですが、読み始めると意外にさらりと読み終えてしまいました。

大阪を舞台にした高校「ボクシング部」の仲間と多彩な登場人物たちとの出会いを背景に、入学して再会した幼なじみ同士の少年たちの移ろいやすい一年を描き出した青春小説…という内容です。

随所に大阪の町並み(地名とか高校とか、環状線とか地下鉄とか)が出てきて、名前を変えてあるモノでもそれと分かって、非常にリアル。学校や人の描写も含めて。あと、出てくる登場人物にもモデルがありそうだなぁと思う登場人物もいて、興味深い。

長い割にはすらりと読めて面白いんだけど、時々「出来すぎやろっっ」と突っ込みたくなるご都合主義が入るのが難点。こんなに巧くいったら(展開が早過ぎるっつぅか?)、リアル感なくなるような?先が読める展開もあって、もう少しひねって欲しかったかなぁ。良くも悪くも同人誌読んでるような、素人感があるんだなぁ(笑)。厳しいですか…。

|

« ランチに出掛ける。 | トップページ | Under the Moon(体験版) »

読書感想文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランチに出掛ける。 | トップページ | Under the Moon(体験版) »