« シャイニングウインド | トップページ | えぇ運動させて貰いました(笑)。 »

2009年1月24日 (土)

建築探偵・櫻井京介の事件簿

今回、タイトルの本を読むのに難儀した。水曜日に買って、ようやくさっき読破。確かに読むのが早い方ではないんですが、意味を把握する為に読み返しながらの読書は倍近く時間を喰う。

次の巻で永いシリーズの決着が付くそうで、主人公の京介の秘密が次々と暴露。その為に今までの話を把握していないと読んでも意味が分からないそうな?…大変。

実は意味が分からないと登場人物相関図や前のページを読み返しながら読む方ですが、読み終わると案外内容をしっかり覚えてなかったりします。…ダメじゃんだからお気に入りの本は何度も読み返すということが出来たりする訳ですが。

今回の本の為にシリーズの本を読み返さねばならないかと暗澹たる気分に(笑)。でもって、先日読んだ有栖川有栖の『乱鴉の島』に出てきたE・A・ポォの大鴉の詩の一編がここでも出てくるんだ、コレが。うわぁ

でも、京介10歳、白いシャツに赤いリボンタイ、半ズボンて。何処のギムナジウム。神代教授も35歳て!うわぁ、なんて見目麗しい設定だろうか。少女漫画だよ、ホント。

|

« シャイニングウインド | トップページ | えぇ運動させて貰いました(笑)。 »

読書感想文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャイニングウインド | トップページ | えぇ運動させて貰いました(笑)。 »