« カレと彼の間で | トップページ | ぼくらはみんな恋をする »

2006年11月12日 (日)

アーティフィシャルマーメイド~シルバーカオス2~

「シルバーカオス」がファンタジーなので、タカツキノボルさんの絵が気になっていた

にも拘わらず、手が出せませんでした。

けれど、「2」はSF設定と聞いて「よっしゃぁ!」と購入。

内容は「1」もやっていればそれなりに楽しめるんでしょうが、別にやって無くても

これはこれで楽しめるかも?

実はお目当てはリオン(CV;岩永哲哉)だったりします。

クールビューティな声音の岩永さんを期待してプレイしてました。

うーん、でもメインキャストではないからかイマイチかなぁというシナリオの薄さ。

SF設定も「これ、SF設定の意味あるの?」という感じで設定が生かされてない

気がするんですが?

もうちょっとこう、SFらしいマニアな設定とか無いわけ?

でもって、後半出てくる神様が胡散臭いことこの上なし。

エロ担当なだけですか?

SF設定と神様設定も相容れない気がするんですけれど。

だから、シナリオの薄さ・短さも相まって中途半端な印象が強いです。

繰り返しやる気が起きなくて実は数人、攻略しただけで放ったらかしにしています。

期待通りに絵は綺麗なんだけどなぁ。

シナリオがつまんなくて勿体ない。

この設定なら大作が出来そうな気がするんですけれど。あまりにも小品です。

値段もそこそこの割にはコストパフォーマンス悪し。

前作の「シルバーカオス」もそれ程評判にはならなかったはずだわ。

いやあれからずっと時間が経ってるんですが「2」はもっと評判にならなかったね。

それが全てを表してるのか…な?

ラストにメイン攻略キャラでもあるイブキ。

え?この経歴で何で主人公と一緒に警察機構に入るわけ?

「好き」というのが彼もなんか胡散臭く見えてしまうのが何とも後味悪し。

だから、なんで「好きなのよ」?

設定はちゃんと作り込んでからゲーム作って欲しい。突っ込みどころ満載過ぎて

「萌え」にもならないのはどうか?

(以上、非常に辛口批評でした☆)

|

« カレと彼の間で | トップページ | ぼくらはみんな恋をする »

ゲームレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カレと彼の間で | トップページ | ぼくらはみんな恋をする »